MaMaCo(ままこ)=ママ向けコミュニケーション塾


うちのママはカウンセラー♪

海外の映画やドラマにはよくカウンセラーが出てきます。身近なかかりつけ医のように、ちょっとした気分の落ち込みや悩みを気軽に相談しています。

 

日本でカウンセラーに相談するというと、重い心の病気をイメージしやすいですね。私はそのイメージをなくしたいと思っています。もっと気軽に利用して、リラックスのためにマッサージを受けるような、ココロを美しく保つためにエステに行くような感覚で利用してほしいのです。

 

そのための第一歩としてママにカウンセラーのスキルをお伝えするのがMaMaCo。

ママ向けコミュニケーション塾です。

 

難しい理論や臨床事例を学びたい人は大学や専門学校で学んでください。

Aura Femina では、ママさんを対象にすぐに実践できるコミュニケーションのコツと、人を癒し、元気にする方法をいくつか紹介します。少し学ぶだけでも家族や自分自身をカウンセリングし、癒すことはできるのです。

 

成長と共に集団生活の中に入る子どもたち。社会で生きる以上、人付き合いはさけて通れません。そして、良いコミュニケーションがその子の視野を広げ、良い人間関係を育み、幸せな人生を歩むきっかけとなるのです。

 

子どもたちの成長を一番近くで見守るママさん。ママがまず、コミュニケーションを学び、それを子どもたちに伝えてください。

 

ストレスフリーの生き方をまずはママが実践しましょう。ママ自身がカウンセラーとして家族を癒す存在になりませんか?

Aura Femina は、みんなHappyを目指します♪

 

コミュニケーション能力を育むメンタルトレーニング 3つのステップ


1)気分の落ち込み、イライラはなぜ起こるのか

 

イライラしている人の影響を受け、自分のココロまでイライラに引っ張られてしまうのは悔しいと思いませんか?早く抜け出してリラックスしたいと思いませんか?

 

気分の落ち込み、イライラが起こる原因を知っていると、それが起こったとき、客観的に自分を見つめ、冷静さを取り戻せるようになります。

 

早めに冷静さを取り戻し、深呼吸して笑顔の自分に戻る。

その方法をお伝えします。

 

そしてその方法を身につけたら、ご家族にも教えてあげてください。ココロを癒す方法はあります。笑顔のママさんならそれができるのです。

 

2)質問で問題解決の糸口を見つける

 

良い質問をすると、良い解決方法を見つける手助けができます。そしてこの回では良い質問を、良いタイミングで投げかけるための、ちょっとしたコツと質問のパターンをお伝えします。

 

良い質問ができると、会話が弾みます。家族の会話を愚痴ではなく、ポジティブで明るいものに変えることもできるのです。

 

子どもの悩みを聞き出し、一緒に解決策を考えるためにも質問の仕方は重要です。

どんな言葉かけが良いのか、様々な場面で役立つ質問の仕方を学びましょう。

3)家族を元気にする

 

あなたは今、あなたを取り巻く世界をどのように捉えていますか?

「楽しい、望みはなんでも叶う」それとも「最悪、私はついていない」

 あなたが世界をどのように捉えているか、その捉え方によって実際の世界、家族のあり方が変わるのです。

  

まず自分が幸せに暮らし、子どもたちが安心して帰れる場所を作りましょう。すると子どもたちは安心して冒険の旅へ出かけます。たくさんの人に愛され、自信を持って行動できる子どもたちは、きっと世界で活躍する人に成長するでしょう。

 

欲しい未来を手にいれる方法はメンタルトレーニングによって身につけることができます。ママが元気でいると、家族はつられて元気になります。